ドライブレコーダー 過失割合

ドライブレコーダーと過失割合

ドライブレコーダー 過失割合

 

ドライブレコーダーはついていますか?
最近はあおり運転や危険運転が多くなったため、ドライブレコーダーの存在は大きなものになっています。

 

交通事故の原因を見つけたり、どちらの過失が大きいのかを確認するのにドライブレコーダーが役立っています。

 

交通事故ではどうしても自分は悪くないという気持ちが働くので、ドライブレコーダーで第三者の視点で冷静に事故の原因を探ることができます。

 

どちらが事故の原因を作ったかによって、支払われる保険金が変わります。

 

例えば相手の急な車線変更で交通事故に遭った場合、ウインカーの有無によって過失割合が変わります。
もし相手がウインカーを出していた場合は7:3、出していなかった場合は9:1になります。

 

大手の自動車任意保険の会社ではすでに、ドライブレコーダーの映像をすぐに解析して過失割合を決めるときに役立てています。

 

例えば自分に過失がなくてもそれを証明できなければ結局不利になります。
もしドライブレコーダーがまだつけていない方は早くつけましょう。前方、後方両方にあると安心ですね。

トップページ > プリウスの自動車保険料を安くする方法